FC2ブログ
08≪ 2019/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-11-28 (Sun)
潭陽4日目

今日は従兄弟とか知り合いの弟の様な
2日目のタクシー運転手さんに来てもらい
全羅北道全州までの道を観光しながら進みます

朝9時
ホテルを出発し全羅北道【南源(ナモン)】にある
【広寒楼苑(クァンハンルウォン)】へ

南源は春香伝が有名で
この広寒楼苑(クァンハンルウォン)】は春香伝の舞台になったところ

広寒楼苑(クァンハンルウォン)の正門清虚府(チョンホブ)
IMGP2234.jpg
月宮の出入り口を象徴し、この門をくぐった瞬間から
地上の人間は天井の世界に足を踏み入れることになるそうです
南源市が発行したガイドブックに説明があります

地上の人間は…どうだか分りませんが
朝早かったからか私達以外に客はいずのんびりした感じです

玩月亭(ワンウォルジョン)
IMGP2237.jpg
地上の人間が天上世界を夢見つつ
月の世界を楽しもうとして建てたもので
月が昇る東に向かって建てた水中楼閣で
毎年春香祭がおこなわれる場所

春香と夢龍
IMGP2238.jpg

春香祠堂(チュニャンサダン)
IMGP2244.jpg

広寒楼(クァンハンル)
IMGP2247.jpg
月の世界の宮殿を意味しているそうで

広寒楼(クァンハンル)の中から鳥鵲橋(オジャッキョ)
IMGP2254.jpg

鳥鵲橋(オジャッキョ)
IMGP2257.jpg
毎年七夕の日にしか会えない牽牛と織姫がの切ない天上の愛を
春香と夢龍を通して完成させた「愛の橋」

月梅家(ウォルメの家)
IMGP2269.jpg
春香の母の家

そろそろ私達の他にも観光客が増えてきました

一回り見終わったのでここで昼食を
IMGP2274.jpg

南源はドジョウ料理が有名なので
チュオタン(どじょう鍋)を食べました
IMGP2276.jpg
どじょうってな~とあまり気分は乗ってませんでしたけど

野菜が沢山入っていてどじょうの原型らしきものはありませんでした
私は具よりスープを沢山飲みました
スープは継ぎ足してもらえましたよ

どじょうのてんぷら
IMGP2277.jpg
普通に白身魚のてんぷら見たいで
美味しくいただけました

春香伝
暗行御史になった夢龍が卞府使の悪事を暴いて彼を罰するために
登場するシーンが格好よくて好きです

食後は
全羅南道へまたもどります
求礼の華厳寺へ

~潭陽⑧へつづく~
と言うかもう潭陽ではないけど



スポンサーサイト



| トラベル | COM(2) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する