03≪ 2018/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-06-30 (Thu)
ブログアップするのも大変ですね
ちょっと一休みしてました

フランス旅行6日目 6月5日 日曜日

前日の夜に雷&大雨が降ったので
今日はどんな天気かと心配しながらホテルを出発!!
ベルサイユ宮殿観光の日からは目立っても日差しが強い時には
帽子かぶることにしました
やぱり日焼はしんどい
顔はガードしないとね

今日の日程の確認をしてて出るのが遅くなって
オルセー美術館へは10時着

おまけに、この日は無料日なので長蛇の列でした

IMGP3724.jpg

怪しかった天気が、並んでいるあいだに晴れてきて
並んでる人は傘を日傘にしたり
私は帽子をかぶりました

IMGP3726.jpg

一時間くらい並んでやっと中に

IMGP3735.jpg

オルセー美術館の入口にあったエドゥアール・マネの絵
マネ展をやってたんですね

昨年 三菱第一号美術館のマネ展に行ったので
今回はパス

一通り鑑賞した後は次の美術館へ

ブルボン宮前から

IMGP3739ブルボン宮

ブルゴーニュ通りを通り

IMGP3740ブルボン宮からブルゴーニュ通り

ロダン美術館へ

IMGP3741ロダン美術館

遠くに見えるあれは

IMGP3744.jpg

”考える人”

IMGP3745.jpg

IMGP3753.jpg

”考える人”は外にいました

美術館の中で考えているのかと思っていたのでちょっとオヤッ?

”考える人”の回りは一周できるので後ろからも見れちゃいます

IMGP3750.jpg

おしりが…

IMGP3751.jpg

後ろ姿も悩んでるな~


”カレー市民”

IMGP3755カレーの市民


”地獄の門”

IMGP3759地獄の門

”地獄の門”の上部にあるこの小像は”考える人”の原型となった”詩想を練るダンテ”

IMGP3760.jpg

この像を単独で大きく作ったのが”考える人”で等身大だそうです

このロダン美術館はロダンが住んでいたお城で

IMGP3754.jpg

お城の裏にはお庭があって落ち着いた良い感じ

IMGP3765.jpg

あまりの暑さにここでアイスクリームを食べて

お城の中にある作品も鑑賞してから次に移動

暫く歩いてから
サン・シュルピス教会へ

IMGP3772ダビンチコートのキーストーン

ダ・ヴィンチ・コードにローズラインがあると登場した教会で
ヨーロッパ最大と言われるパイプオルガンが鎮座

IMGP3781世界最大級のパイプオルガン

次は近くのサン・ジェルマン・デ・プレ教会へ

IMGP3784サン・ジェルマン・デ・プレ教会パリ最古の教会のひとつ

パリ最古の教会のひとつ

ロマネスク様式だったのに中はゴシック様式のような
こんかいの旅行はこんな部分を良く見ました

IMGP3785.jpg

様式や時代によってアーチの角度の尖り具合や丸み
柱の構造が違うのだけど

ケン・フォレットの小説”大聖堂”をもう一度読みたいと思ったし
サン・シュルピス教会ではダ・ヴィンチ・コードをもう一度読まなきゃって
これはDVDでいいかな…

先端を写してた写真があったのでパチリ

IMGP3791.jpg

次はパンテオンへ行こうとサン・ミッシェル大通りを歩いてると
突然ローラースケート軍団が

IMGP3795サン・ミッシェル大通り

IMGP3796.jpg

ゴーっと沢山のローラースケーターが通り過ぎる
何だったんだ?

暫く車も通らなかった
何だったんでしょう?

ローラースケーターが滑り下りて来た
ゆるい坂を登っていくと左手にパンテオンが

IMGP3800パンテオン

パンテオン内部

IMGP3806.jpg

”フーコーの振り子”

IMGP3811フーコーの振り子

パンテオンからサン・ミッシェル大通りに戻りシテ島へ

サンミッシェル橋から見るノートルダム寺院

IMGP3822サンミッシェル橋からノートルダム寺院

サンミッシェル橋から見るサント・シャペル

IMGP3821サンミッシェル橋からサント・シャペル

パリで一番華麗と言われている教会で見学は18時まで
クロスする30分前に入らないといけないのに
到着したのは17時35分で5分遅かった

ふ~、沢山歩いたのだけど外は明るいし
時間の感覚がなかったので5分か~
サンミッシェル橋で写真を写さなかったら入れたかな?

同じ理由で同じ敷地にある
マリー・アントワネットが幽閉されていたコンシェリジェリにも入れなかった

ちょっとがっくり
入口の前にあるベンチで少し休憩
足が痛くなってきてるけど次も入れないといけないので
次はノートルダム寺院へ

IMGP3823ノートルダム寺院

3日に行ったシャルトル大聖堂(こちらもノートルダム)でも
入口にはこんな像が
違いはシャルトル大聖堂の像は柱として使われていているので一体化していて
こちらは柱に像がついているとか
足元もちがいがあって
シャルトル大聖堂は宙を浮いているようで
こちらは何かに乗っている感じ
時代によって作り方が違うんですね

IMGP3828.jpg

中では日曜日のミサを行っていて
厳かな雰囲気の中、暫し見学しました

IMGP3830.jpg
IMGP3844.jpg

外は8時近くまだまだこんなに明るい

IMGP3855.jpg

でも裏側から見る寺院
しっかり夕方になってきています

IMGP3859.jpg

大分歩いたので足が痛い
もう今日はこのくらいにして帰ろとシテ島から
地下鉄のシャトレ駅へ向かう途中にちょっと変更
まだまだ明るいのだからホテルに戻るのはもったいない
セーヌ河をバトビュスで遊覧することに

9時近くに出発
バドビュス、セーヌ河からみるボン・ヌフ

IMGP3864バドビュスからボン・ヌフ

セーヌ河から見るルーブル美術館

IMGP3866バドビュスからルーブル

近づいて行くエッフェル塔

IMGP3867.jpg

エッフェル塔

NEC_0122.jpg

エッフェル塔でバトビュスは折り返し

バドビュスの中

NEC_0127.jpg

オルセー美術館

NEC_0128バドビュスからオルセー美術館

天気が悪くなってくる?
遠くで雷が鳴り出したので少し焦る
ホテルに帰るまで持てばいいのだけど

22時ごろボン・ヌフ付近でバドビュスを降りると
セーヌ側で輪になってワインを飲んでいるグループが何組か

お店でなくても
こんな素敵な景色の中で飲むワイン
美味しいでしょうね

NEC_0136.jpg

NEC_0141.jpg

NEC_0144.jpg

シャトレ駅から地下鉄に乗りクール・サンテミリオン駅へ着くと
まさかの大雨!!
雷までなってる!!

朝から天気が怪しかったので折りたたみの傘がある
立ち止まらずホテルまで早歩きでダッシュ!!

ビチョビチョでホテルに着いて今日の晩御飯?!と気づく
23時過ぎているので簡単にお菓子か何かで済ませたけど

この日の食生活はちょっと寂しかったね

だから朝食はたっぷり食べないと

足がパンパンなので
持参した足クッションで足をいたわりながら
翌日の予定を組む

今日もとても足が痛い
今日の万歩計30831歩
歩行距離24.9Km

なんと3万歩超えました
昨日の2万歩くを軽~く越えてしまいました

食生活と、歩いた歩数から考えると
今度の旅行はなにかの修行?
スポンサーサイト
| トラベル | COM(2) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。