FC2ブログ
09≪ 2018/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-10-25 (Tue)
韓国に行ってきました

今回はポジャギの先生と生徒さん達と一緒

私は一足先に韓国入りして慶尚南道金海市を観光し
翌日夜にソウルで合流する5泊6日の韓国旅行

仁川空港から金浦空港へ乗り継ぎのため移動し
飛行機に50分乗って金海国際空港へ着き
観光案内書を貰ったあと
釜山金海軽電鉄に乗ってホテルがある沙上駅へ

IMGP5686.jpg

釜山金海軽電鉄はこの9月に金海市の伽耶大まで開通
金海への観光が楽になりました

ホテルパラゴンへ到着

IMGP5688.jpg

ホテルへ着いたらまず町をブラブラ
夕食はどこで食べようかな~と
お店をあれこれ覗いて決めたのがこの店

IMGP5703.jpg

テグタン(鱈のスープ)が美味しいよと言われ
鱈は気が進まないので悩んでると
隣のテーブルのおばさん達が美味しいよ!と言う

テグタンを注文

最初にミッパンチャンがでて

IMGP5692.jpg

テグタンがご飯と

IMGP5702.jpg

さっぱりとした塩味で
プリプリとした白子も沢山入ってて

タテギが別皿にあって
辛さはお好みで調節できる

これで7,000ウォン

綺麗に食べきって大満足
テグタンが好きになりました

~2日目~

釜山金海軽電鉄に乗って博物館駅へ

IMGP5755.jpg

観光予定の範囲
そんなに広くないのです

IMGP5706.jpg

インド・アヨーディヤ(アユタヤ)の竜王を象徴する
二匹の魚が向かい合った双魚紋をイメージした物が
ここ金浦には結構あります


国立金海博物館

IMGP5711.jpg

鉄の王国・伽耶を象徴しているそうです

博物館の裏山にある「亀旨峰(クジボン)」

IMGP5719.jpg

駕洛国(カラ)を建国した金首露王を迎えるために
ここ亀旨峰で歌われた歌「亀旨歌」

亀よ、亀よ、
頭を出せ、
出さぬというのなら、
焼き食うぞ!

って…
焼き食うぞ!がなぜ迎える歌なのか?


亀旨峰にある「亀旨峰石」と彫られた支石墓(コインドル)

IMGP5720.jpg

日本時代に亀旨峰と首露王妃陵の間に道路が造られ
亀の首が切られた状態でしたが
風水上の「気」の流れが切断されたとして
盛り土されトンネルにしたので
トンネルの上が橋になり
亀旨峰と王妃陵はつながっています

IMGP5729.jpg

亀旨峰から繋がった橋を通り王妃陵に入る「亀旨門」

IMGP5731.jpg

金首露王妃陵です

王妃はインド阿踰陁(アユタ)国の王女許黄玉(허황옥:ホファンオク)

IMGP5738.jpg

IMGP5745.jpg

IMGP5742.jpg

わきにあるのは王妃が舟に乗ってくる時に風浪を鎮めるため
アユタ国から持ってきたとされる婆娑(파사:パサ)石塔で
韓国では他でみることの出来ない形式の石塔であり
石はインド産
もちろん韓国には無い石です

IMGP5748.jpg

ここにも双魚?

IMGP5747.jpg

ちょっととぼけた表情の双魚

IMGP5758.jpg

王妃陵を出て次は金首露王陵へ向かいます

歩いて行く途中左手にみえるのが「盆山城」
横に長く城壁が見えます

王陵に向かう途中にある「金海郷校」へ少し寄りました

IMGP5762.jpg

商店が長く続く道を歩いて「首露王陵」へ

IMGP5772.jpg

IMGP5777.jpg

「納陵正門」

IMGP5790.jpg

納陵正門には双魚紋と婆娑石塔と象の模様が描かれていて
アユタヤとのつながりが垣間見れます

IMGP5791.jpg

納陵正門の後ろに王陵

IMGP5794.jpg

王陵の後ろの広場にあるコインドル

IMGP5798.jpg

IMGP5803.jpg

コインドルはお墓です


お腹がすいたので次へ進む前にゴマうどんを食べました
観光案内所の人が勧めてくれたカルグッス屋さんで
5,000ウォン
現在のレートを考えると申し訳ないくらい安いです

お昼を取ってからタクシーにのり向かったのは
霊験と神秘が漂う名山神魚山にある「銀河寺」

銀河(ウナ)寺は韓国最古の寺の一つで
首露王の時代に許黄玉王妃と一緒に渡来した
兄の長遊和尚が創建者だそうです

IMGP5806.jpg

IMGP5807.jpg

IMGP5808.jpg

IMGP5809.jpg

IMGP5811.jpg

IMGP5814.jpg

銀河寺の近くにある「東林寺」

IMGP5816.jpg

この長い石段を数えて上がっていくと160段位

IMGP5817.jpg

IMGP5818.jpg

IMGP5820.jpg

IMGP5821.jpg

IMGP5822.jpg

お寺の後は観光案内所のお姉さんお勧めの天文台へ
長い坂道を登って行ったのだけど

IMGP5823.jpg

長い坂を登りきって展望台へついてもまだ明るいし
なんだかな~と思い
休みもせず坂をまた下って戻ったので写真はありません

次はあの街中から見れた城壁がある盆山城へ

展望台から盆山城は隣の山
歩いていきます

IMGP5826.jpg

こんな坂を登っていて
すれ違う人たちは軽い登山ルック
私は場違いな感じ

本当にこっちでいいのかと思った頃にやっと城壁が見えてきた

IMGP5829.jpg

IMGP5830.jpg

IMGP5831.jpg

IMGP5836.jpg

ここから城壁の内側へ

IMGP5840.jpg

IMGP5837.jpg

高麗時代に築城し高宗時代に改築
最初の築城は伽耶時代と推定されているそう

なんだかこの曲線が良い感じ
今年はこんな城壁を良く見てる
石、曲線…沖縄だ

IMGP5844.jpg

盆山城ののろし台

IMGP5846.jpg

登山道にあった地図
写真写しておいて正解
途中で道が解らなくなった時に確認したので

ここから「海恩(ヘオン)寺」へ

IMGP5847.jpg
IMGP5849.jpg

かなり疲れてきたけれど
また首露王陵へ戻り
王陵から「大成洞古墳博物館」へ

この盆山城からは金首露のテーマパークでタクシーを呼べばよいわと
観光案内所のお姉さんが行ったのだけど
テーマーパークは休館中でした

盆山城の城壁を写真撮りに来たという
カメラマンのアジョシが車に乗せてくれたので
下の街に移動することが出来ました

下まで降りたところでタクシーにのり
「大成洞古墳博物館」へ到着

NEC_0256.jpg

NEC_0257.jpg

博物館の露出展示館

NEC_0258.jpg

露出展示館から盆山城を見ると
左の山に展望台、右の山に盆山城
かなりの距離歩いてます

まだソウル行きの飛行機には時間があるので
もう一か所「鳳凰洞遺跡」へ

NEC_0261.jpg

NEC_0262.jpg

大分暗くなってきたので金海観光は終わり
国際空港から飛行機でソウルへ

~3日目へ続く~













スポンサーサイト
| トラベル | COM(1) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。