05≪ 2018/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-14 (Mon)
旅行続きですが日光へ行って来ました

広島では宮島と紅葉を期待したけど
今年のこの暖かさ

色好き始めたけどまだまだでした

そしてこの土日で日光へ行って来ました

金曜日がとても寒かったのだけど
この土日はとても暖かでした

霜降の滝へ行く予定だったのに
バスが出てないと…
なら予定を変更して

この土日に秋の日光マルシェというスタンプラリーが開催されていたので
スタンプラリーをしながら日光のの東町エリアを散策

稲荷神社へ行き
次に虚空蔵尊(こくぞんそん)へ

IMGP6130.jpg

ほか5か所を回りながらスタンプを押してもらって
小さなプレゼントを貰ってホテルへ行きます

今日の宿泊ホテルの金谷ホテル

IMGP6138.jpg

荷物を預けてからまた観光の続き

まず金谷ホテルの紅葉から

IMGP6139.jpg

IMGP6141.jpg

IMGP6140.jpg

IMGP6146.jpg

昼食はゆば定食

IMGP6148.jpg

IMGP6149.jpg

食後は神橋へ

IMGP6151.jpg

神橋を通って大谷川沿いに歩き
日光田母沢御用邸記念公園へ

IMGP6154.jpg

田母沢御用邸記念公園の御用邸を見学します

御用邸と紅葉

IMGP6155.jpg

IMGP6156.jpg

IMGP6162.jpg

IMGP6165.jpg

IMGP6169.jpg

IMGP6170.jpg

御用邸見学の後にホテルへ寄り一休みし
夜の日光山輪王寺逍遥園を見学しに17時にホテルを出ます

ラッキーなことに逍遥園がこの秋11月15日までライトアップ

IMGP6179.jpg

IMGP6185.jpg

IMGP6190.jpg

残念なことに写真では綺麗さがうまく伝わりません

逍遥園見学後の食事

IMGP6191.jpg

~2日目~

日光金谷ホテルの朝

IMGP6194.jpg

金谷ホテルの大谷川散歩コース

IMGP6196.jpg

ホテルをチェックアウトして

世界遺産の日光山輪王寺から見学し
日光東照宮へ向かう

IMGP6200.jpg

IMGP6201.jpg

見ざる言わざる聞かざる

IMGP6207.jpg

東照宮から少し離れて裏側にある日光東照宮客殿へ行きました

韓国螺鈿工芸作品展の最終日でした
偶然知って行きましたが
螺鈿の作品がとてもきれいで素敵でした

引き続き世界遺産の見学へ戻り二荒山神社へ

ブログ書こうと少し調べて知ったのだけど
二荒山神社は訪れる人に楽しみごとや金銭的な豊かさ
豊かな愛情を与えてくれるパワースポットが沢山ありました
金運や恋愛運が欲しい人はぜひ訪れて欲しいパワースポットだそうです

うん、私は行く必要があったのね~!!

正門もパワースポット

IMGP6220.jpg

親子杉

IMGP6221.jpg

この付近も強いスポットだそうです

次は大国田道間守

大国田道間守はお菓子の神様でお社は金運アップに

IMGP6225.jpg

大国田道間守は新羅から渡ってきたアメノヒボコの曾孫だそうです

お菓子の神様というのでお参りしました

大国田道間守の近くには運試し輪投げと菓子占いというものがあり
ちょっとチープな感じの占いが世界遺産の地には合わない気がしますが
やってみました

菓子占いは、ルーレットが止まったお菓子が今日の運勢
非常に良いは、まんじゅうですが

IMGP6227.jpg

まんじゅうです!!

パワースポットの威力がすでに?

あずまやで抹茶を飲んで一休み

IMGP6226.jpg

後でパワースポットと知った場所をちゃんと写真におさめてたし
写真写していないところもしっかりと目に焼き付けていたりするので
なんらかのパワーにひかれたのかも

次は家光廟大猷院と紅葉

IMGP6229.jpg

真っ赤で綺麗ですね

IMGP6230.jpg

世界遺産とパワースポットに紅葉を満喫した後の
少し遅めの昼食をとったらそろそろ帰る頃になりました

IMGP6235.jpg

突然誘われ、行く~と乗った今回の日光観光
お陰さまで紅葉を満喫し沢山のパワーを受けた旅行になりました

誘ってくれてありがとね


スポンサーサイト
| トラベル | COM(2) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。